おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
Information
おすすめ情報
フェンスブロックを設置する場合
設置個所の全長を測定し、パネルの枚数と企画をバランスをとりながら決定する。フェンスブロックをご使用される場合、角柱のままですと15cm程度しか入らず、フェンスブロックのヒビ、割れ等の原因となります。角柱の先を鉛筆状に削ぎ落とし、支柱を深く埋める処置をお願いします。その後は、フェンスブロックごと穴に埋めるか、支柱を直埋めすることをおすすめ致します。
ウッドフェンスの木材加工について
4×4材を必要な長さにカットし、地中に埋める分も含め2m80cmに切断しました。目隠し用の1×4材を張り付けるための木を90cmほど4×4材にネジ止めします。その際、地中に埋没する部分は腐食防止のため防腐剤を染込ませておいてください。次に、直径30cmほどの穴を掘ります。地上2mくらいのフェンスであればこれくらいの大きさで問題ありません。最後にフェンスの高さあわせのための水糸張りをします。この工程で、しっかり基準線を張り、高さを出しておいてください。
フェンスは、柱があれば横板は打つだけになりますので、日曜大工で簡単に作れます。一番の問題は基礎がどのような形になるかということですが、基礎が自分で穴を掘れるようなところであれば、DIY初心者でも設置可能です。目隠しフェンスは風をまともに受るところに設置する場合には十分注意しましょう。すでにメッシュフェンスが設置されていて、その柱を利用したい場合は、既存のメッシュを外して、その柱に横板を打つことは簡単な作業ですが、それが強風時の耐力があるかどうかはご検証して頂く必要があります。